2011年07月26日

自分を大切にする

悪とは存在ではなく、欠陥である。
欠陥の総意が収束し、一つの悪として露呈するのである。
ただ、欠陥としての認定、判断は曖昧で都合の良いものである。
ただただ、常識の総意だけがそれらを補うのだろう。

不確定なランダム要素も時として加えられる事もあるが、
結果は常に明快だ。

その欠陥を常識で補い、修復しようとする想いがあれば良い。

「自分の事を大切にする」とは
自らの欠陥を正す事ではないか。私はそのように感じている。
結果、それがめぐりめぐって、、

その時代にあった正し方が必要ではあるが。


もう一つメモ


検索する、などネットでは普通の行為が労働に近しいものではないかと言う気がしてきている。
ネットの普及で色々なものを得る事が出来るようになったが、気づかぬうちに無料で「働かされている」事も多い。

これはネガティブ要素を追求しているのではなく
可能性になるのではないかと考えている。

ネットでの行為の洗い直しから
眠った彼らを呼び覚ます事へと繋がるのではないだろうか。




posted by bkup13 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。